コピーペはだめ、絶対にだめ

結果から言いますと、コピーペしたら使いにくいプログラマーになる

 

つい最近2,3カ月前だけど、先輩に「コピーペはだめ、絶対にだめ」ソースコードをコピーペするからこんな変なバグが起こる!」などとよく言われた。

その時は本当にバグが多いし、できるだけコピーペしないように努めようと思った。だけど、コピーペすると多くの時間を節約できる。それに今の自分ではできない仕事もなんとかできてしまう気がして、それなりにコピーペしてもしょうがないではないかなとも思ってた。

「達人プログラマー」で偶然的プログラミングしていけないというのを読んでから、「コピーペはだめ、絶対にだめ」の理由を分かるようになった。価値のあるプログラマーでありたいなら「コピーペはだめ、絶対にだめ」。

達人プログラマーに「信頼におけるものだけを前提としてください。」という言葉がある。信頼、信頼が大事からコピーペはだめ、絶対にだめ」なのである

ソースコードをコピーペして期待した通りに動いても、なぜこのように動いたのを分かってない。理解できてないからこれから変な動きしないことを保証できない。保証できない=信頼がない

誰も信頼がないプログラマーを使いたくないはず。だから、ずっとコピーペしてなんとなく動くソースコードを書き続けたら、価値がないプログラマーにしかならない

 

次か、次の次かソースコードを少し書きたいと思ってます_ _

よろしくお願いします( *´艸`)